記事一覧

築年数が関係してくる

マンション

売り時を考えよう

投資マンションの売却で気をつけた方がいいのは、売り時があるという点です。損をしないようにするためにも、売り時を考えてみましょう。よく言われているのは、所有期間5年以上が売り時だということです。この点に気をつけて投資マンションを上手に売却することをおすすめします。また、投資マンションの築年数にも注意しましょう。築年数で売り時を考えるのなら、10年目までです。あまり古い家になってしまうと、思うような金額で売却することはできにくくなってしまうからです。自身だったらどんな家を購入するか、その点を考えれば自ずと売り時が見えてくることでしょう。築年数10年目までで、所有期間が5年以上というところなら、多くの人は買いやすいはずです。買う側の立場になって考えてみることも大事です。このように考えていくことで、投資マンションの売却をスムーズにできるかもしれません。もちろん、売却といっても買ってくれる不動産会社によって買取額は違ってきます。一社だけではなく、複数の不動産会社に査定をしてもらいましょう。その上でより良いと思えるところに売却することをおすすめします。最近は一括査定のできるサイトが増えてきているので、このようなサイトを利用してみましょう。最大6社くらいから一括査定ができることもあります。これなら手間もかからず、比較もしやすくて便利です。こうして、投資マンションを上手に売却できれば、多額の臨時収入を得られるかもしれません。

Copyright© 2018 マンション投資を始めよう|投資計画は比較的シンプル All Rights Reserved.