肝臓に良い食べ物で労ってあげよう~健康づくりは内側から始まる~

スリム

食の変化と栄養バランス

スムージー

熱に弱い酵素は食材を生のままや発酵食品にして食べることで摂取できます。酵素スムージーは粉末タイプのものが混ぜるだけで飲めるので便利です。短い時間でも手軽に作ることができるので忙しい方の朝食代わりにもおすすめです。

» 詳細へ

健康的になります

水

水素水ダイエットは、価格が高めですが、体に良い働きとダイエット効果の高さから女性を中心に人気があります。水素水には、老廃物を取り除いたりサラサラな血液にする働きや、便秘解消、そして活性酸素をなくす働きがあります。

» 詳細へ

酵素不足を補う必要性

酵素ドリンク

健康を増進したい、身体の不調を訴える口コミが最近特に多く、その症状を緩和する目的でベルタ酵素を摂取する方法が紹介されています。肌にも効果が期待出来る商品となっています。

» 詳細へ

肝臓を労るために

食品

重要な役割を担っています

健康を維持するためには、バランスの取れた栄養を摂ることが重要です。しかし、栄養バランスの取れた食事をしたとしても、そのままでは栄養を摂ることができません。体に栄養を行き渡らせるためには、肝臓がきちんと機能している必要があります。肝臓は、胃で消化された栄養分が集まる器官です。集まった栄養分を、各器官が利用できるよう変換する役目を担っているのが肝臓です。そのため、肝臓がきちんと機能していないと、せっかく食事で栄養を摂ったとしても栄養が無駄になってしまうのです。非常に重要な役割を担っている肝臓は、沈黙の臓器として知られています。常に働き続ける肝臓は、機能が損なわれても自覚症状がほとんどありません。そのため、気付いた時には、既に重症化しているケースが多くあります。手遅れとならないためには、肝臓に良い食べ物を摂ることで労ることが重要です。

毎日摂れる食材もあります

肝臓に良い食べ物には、牡蠣やしじみ、ウコン、ごま、ブロッコリースプラウト、レバーが挙げられます。牡蠣には、多くのタウリンが含まれています。タウリンは細胞を正常化させるほか、肝臓に溜まったコレステロールや中性脂肪を排出する効果があります。オルニチンが多く含まれているしじみには、アルコールを分解する効果があります。そのため、肝臓のアルコール分解を助けてくれるほか、肝臓のアルコール分解能力を回復させる効果があります。牡蠣やしじみは肝臓に良い食べ物の代表格であるため、積極的に摂るようにしましょう。また、最近大きな注目を集めているのが、ブロッコリースプラウトです。牡蠣やしじみは、毎日摂ることが難しい食材です。しかし、ブロッコリースプラウトであれば、サラダなどで毎日摂ることができます。ブロッコリースプラウトにはスルフォラファンが含まれており、肝臓の重要な数値であるASTやALT数値を改善する効果があります。肝臓に良い食べ物を摂るだけではなく、サプリメントなどを併用することで効果を高めることができます。健康を維持するために、食事に気を付けサプリメントで補うようにしましょう。