記事一覧

ファミリー

複数名なので心強い

不動産投資を始めるのならみんなで大家さんがおすすめです。というのも、複数名で大家さんになれるところが心強く感じられることでしょう。実際に評判が良く、口コミでも広まってきています。利回りも良く、安心して投資ができます。

マンション

築年数が関係してくる

投資マンションの売却では、売り時を考えることが大切です。損をしないようにするためにもタイミングが重要となってきます。所有期間が5年以上、築年数は10年目までくらいがちょうどいいタイミングと言えるでしょう。

電卓

海外に注目しよう

国内の不動産投資だけではなく、海外不動産投資も国内ではできるようになっています。穴場的なところも多く、おすすめです。しかも、少額から始められるものもあります。まずは情報を収集しましょう。窓口となるような情報サイトを活用すると便利です。

模型とお金

情報収集に務める

不動産投資の初心者は情報収集をしてから始めましょう。また、この手のことに詳しい人を味方につけることも大切です。いろいろとアドバイスをしてもらえます。それから、無料投資セミナーにもどんどん参加して知識を身につけましょう。

マンション

不動産会社との協力が必要

マンションへの投資には不動産会社の協力が欠かせません。また、初めて行うのならセミナーに参加したり、インターネットで情報を集めたりしてから始めましょう。また、投資用のマンションを探すことになります。実績で不動産会社を選択しましょう。

明るい未来を手にしよう

マンション

簡単な運用手段です

定年後の収入に不安を持っている人は多いです。そして、このような不安を抱えている一部の人は早いうちから中古ワンルームマンション投資を始めています。数ある投資手段の中から中古ワンルームマンション投資が選ばれる理由はリスクが低いにもかかわらず、比較的高い利回りの収入が安定的に実現できるからです。中古ワンルームマンション投資を始めている人の投資計画は比較的シンプルです。しかし、このシンプルな投資計画を淡々とこなすことで、ゆとりある将来を手に入れることができます。その投資計画とは、会社員として元気に働くことができているうちにローンを組んで中古ワンルームマンションを購入し、毎月の家賃収入やボーナスを原資にして、毎月の返済だけでなく、繰上げ返済も行い、ローンをできるだけ早く完済する。そして、ローンを完済し終えたら、新たにローンを組んで中古ワンルームマンションを買い増すというものです。この方法を繰り返していると、ある時期から加速度的に資産が増えていきます。これはローンを組んで中古ワンルームマンション投資を行うと、レバレッジ効果を得られるからです。株式や外貨とは異なり、専門的な知識は必要としません。やる気さえあれば、だれでも手を付けられる比較的簡単な運用手段です。最近では、銀行や信用金庫の融資姿勢も軟化しているため、若い世代のサラリーマンやOLも中古ワンルームマンションを保有するようになってきました。また、マンションを購入した後もしっかりと管理していかなければ、マンション投資は成功しません。マンション管理は素人では難しい部分が多いため、業者を利用するのがおすすめです。本業を持っていたとしても、業者にまかせておけば安心です。

Copyright© 2018 マンション投資を始めよう|投資計画は比較的シンプル All Rights Reserved.